12月 29, 2012 - 0 Comments - Android, Modding, root -

ステータスバーはそのままにナビゲーションバーだけを消す方法(要root、カスタムROM不要)

タイトルの通りですが、試して見ました。

System領域をいじるので文鎮()状態になる危険はありますが復旧は可能です。

(完全に文鎮になることはないと思います。たぶん。)

また、作業を行う際は自己責任でお願いします。

あ、あと基本的にはwindows向けの記事です。

用意するもの:

  • apktool 1.51以上 
  • Java SE (JRE) ※JDK導入済みなら必要なし。
  • Unicode(UTF-8)が扱えるテキストエディタ
  • 7-zipやWinRARなど展開ソフト
  • adb導入済みの環境
  • 当然ながらAndroid 4.0以上のrooted端末

あらかじめナビゲーションバーの代わりに端末を操作するアプリケーションを導入の上で実行してください。

手順:

1.適当なフォルダ(ここではC:\Temp\framework\とします。)を作りコマンドプロンプトで開く。

Win+R」で開くファイル名を指定して実行に「cmd」と入力して「Enter

コマンドプロンプトが開くので、以下のコマンドをコピペして「Enter

コマンドをコピペしてから「Enter」という指示では、動作に時間がかかることがあります。「Enter」を押すタイミングは「>」の右下が点滅しているときです。

mkdir C:\Temp\framework\
C:
cd C:\Temp\framework\
start .

このとき、C:\Temp\framework\がエクスプローラーで開かれます。

 

2.端末からframework-res.apkを取り出し、改変する。

先ほど開いたコマンドプロンプトに以下のコマンドをコピペして「Enter

adb pull /system/framework/framework-res.apk framework-res_mod.apk
apktool if framework-res_mod.apk
apktool d framework-res_mod.apk src

次に、C:\Temp\framework\src\res\values\bools.xmlをテキストエディタで開きます。

開いたファイルから

    <bool name="config_showNavigationBar">true</bool>

と書いてある行を探し、その行の>true<を>false<に書き換えます。

ファイルを保存し、コマンドプロンプトに以下のコマンドをコピペして「Enter

apktool b src

すると、C:\Temp\framework\src.apkができるので7-zip(WinRAR)で開き「resources.arsc」をC:\Temp\framework\framework-res_mod.apkの「resources.arsc」に上書き。

(src.apkからframework-res_mod.apkに上書きです。)

 

3.転送、配置

コマンドプロンプトに以下のコマンドをコピペして「Enter

adb shell su -c "mount -o remount,rw /system"
adb shell mkdir /sdcard/Temp/
adb push framework-res_mod.apk /sdcard/Temp/
adb shell su -c "dd if=/system/framework/framework-res.apk of=/system/framework/framework-res.bak"
adb shell su -c "dd if=/sdcard/Temp/framework-res_mod.apk of=/system/framework/framework-res.apk"

「Enter」を押したあと3行ほど出力された後にすぐ再起動します。

起動後は既にナビゲーションバーは表示されていませんお疲れ様でした。

 

4.後始末、復旧

目的は達成しましたが、後始末が終わっていないので次のコマンドをコピペして「Enter

adb shell rm -r /sdcard/Temp

これで後始末まで終わりました。

仮に文鎮()状態になってしまったら、まずリカバリー経由でadb接続をします。その際、リカバリーからSystem領域をマウントしておいてください。そして次のコマンドをコピペして「Enter

adb shell dd if=/system/framework/framework-res.bak of=/system/framework/framework-res.apk

本当にお疲れ様でした。

 

では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です